Ubuntu7.04でKVM動かしてみた

Linuxのkernel2.6.20からkvmをサポートしてるということでUbuntu7.04で使ってみた。
以下そのときのメモ。

KVMのインストール

# sudo apt-get install kvm qemu

今のところKVMを利用するにはQEMUが必要らしいのでqemuもインストールする。

KVMのモジュールのロード

# sudo modprobe kvm_intel

AMDの場合は「kvm_intel」ではなく「kvm_amd」にすればいいようだ。
KVMがロードされたかどうか確認するには以下のコマンドで分かる。

# lsmod | grep kvm
kvm_intel           21004   0
kvm                 61148   1 kvm_intel

OSのイメージファイルを作成

# qemu-img create -f qcow kvm.img 10G

「-f qcow」を指定するとイメージファイルのサイズが実際の使用量に応じて拡張されるようになるっぽい。

KVMの起動

# sudo kvm -hda kvm.img -cdrom osImage.iso -boot d -m 512

「-hda」オプションでハードディスクの指定
「-cdrom」オプションでCD-ROMのイメージの指定
「-boot d」オプションでブートデバイスの指定

CDブートするときはいろいろとオプションをつけないといけないみたいだけど、すでにOSが入ったイメージファイルなら下記のような感じで起動可能。

# sudo kvm kvm.img -m 512

「/dev/kvm」に一般ユーザの読み込み権限などがないので、「sudo」をつけないとKVMが使用できない。
パーミッションを777に変えたりすれば「sudo」なしでもKVMの起動ができるようになる。