読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Linuxの時刻を合わせる

サーバを再起動すると必ず9時間ほど時間が来るってしまう。
毎回起動時にntpdateをやろうかと思ったのだけれども、
再起動時に時間が狂うのはハードウェアクロックがおかしいせいらしいので、
ハードウェアクロックを直すことにする。

現在の時刻を確認

# hwclock --show

上記コマンドで現在のハードウェアクロックがわかるので一応確認してみる。
今回は9時間ほど狂っていた。

ハードウェアクロックをシステムクロックと同じ時間にする

# ntpdate ntp1.jst.mfeed.ad.jp
# hwclock --systohc

上記コマンドでハードウェアクロックを現在のシステムクロックにあわせる。
事前にntpdateをしてるのはシステムクロックを正常な時間に調節するため。

もしも、ハードウェアクロックが正しい場合は

# hwclock --hctosys

で、システムクロックを現在のハードウェアクロックに合わせることができる。