Linuxのemacsでアンチエイリアスの効いたフォントを使用する

f:id:hamaco:20070605221746p:image:w300

emacsのソースをチェックアウトしてくる。

# cvs -z3 -d:pserver:anonymous@cvs.savannah.gnu.org:/sources/emacs co -r emacs-unicode-2 emacs


./configureを行う。

# cd emacs
# ./configure --enable-font-backend --with-gtk --with-xft --prefix=/usr/local/emacs

下記二つのオプションを指定すると、Xftでのフォント指定とかができるみたい。
詳しくはわかんね。

--enable-font-backend
--with-xft


コンパイルの実行。

# sudo make bootstrap
# sudo make install


フォント設定。

「~/.Xresources」か「.emacs」に設定を書くとフォントが変えられるみたい。

.Xresources

Emacs.font: Bitstream Vera Sans Mono-11

.emacs

(set-default-font "Bitstream Vera Sans Mono-11")
  (set-fontset-font (frame-parameter nil 'font)
    'japanese-jisx0208
    '("IPAGothic" . "unicode-bmp"))



ubuntuの場合パッケージを作成してくれている人が居るみたいなのでもうちょっと楽に入れられるみたい。